新着情報

医療の本質

医師は病気を治療することが使命である。一方で、病気にならないように予防教育をすることも重要ではあるが診療報酬が付いていないためか、積極的ではないようである。貝原益軒の「養生訓」に、医は仁術なりと述べられている。経営的には、医は算術と言われる由縁はなぜだろうか?患者さんがお客様になってしまっているからだろうか? 病気で苦しんでおられる方へ施す医療は崇高である。何故か、精密検査を受けると病気が見つかり、挙句の果ては、重い病気で入院することになると思い込んでいる人もいる。医療することが経営をすることにすり変わった時代はいつからなのか?医療に市場原理を用いたことから過ちがはじまったのであると思わざる得ない。医療関係者は、ナレッジテクノロジスト(知的技術労働者)である。すなわち、自立した職業人でもある。人々が健康で長生きできることが最大の喜びであり、喩え病気になっても最大の治療を提供することが、崇高な使命である。けっして、医は算術であってはならない。

ABOUT ME
餅田 敬司
看護師になって30年以上、臨床現場(整形外科・ICU・透析・精神科・リスクマネジメント・看護管理者等)で経験、看護教育(専門学校・大学)、研修講師・看護連盟にも 関わらせて頂きながら、未来への看護を考え続けている一人です。  みなさんと共に日本の看護の将来を考えたいです。働くとは何か、社会貢献とは何か共に、価値ある看護を提供したいと考えております。