新着情報

訪問看護師の専門家を目指すキャリアアップ

専門看護師は、日本看護協会の認定審査に合格すると得られる資格で、特定の看護分野において専門的な知識や技術を持っている看護師です。認定審査は書類審査と筆記試験があり、看護師の免許を持っていることが専門看護師になれる大前提となっています。

・看護系大学院修士課程を修了し、日本看護系大学協議会の定めている専門看護師教育課程基準の総計26単位、または38単位を取得している者

・実務研修の経験が5年以上あり、そのうち3年以上は専門看護分野の実習研修経験があること

 

現在、11種類の専門看護師の資格があります。その中で、訪問看護に関連性が高いものを記したいと思います。

■地域看護専門看護師
地域看護専門看護師は、実際に訪問看護をしたり、看護師育成を行ったり、行政との連携を調整するといった仕事です。

■家族支援専門看護師
家族支援専門看護師は、療養には患者の家族を支援することが大切です。患者家族を支援するのが家族支援専門看護師の仕事です。

■老人看護専門看護師
高齢者に対し専門的な知識とスキル、経験や実務などを持っている専門看護師のことです。高齢者の多くが慢性疾患を抱えていますが、今後どのように生きたいかなど、受けたい看護のニーズにも個人差があります。病気だけでなく健康管理や保健などのトータルケアも必要です。セルフメディケーションを推進します。

■慢性疾患看護専門看護師
慢性疾患看護専門看護師が扱う病気の大半は、生活習慣病となっています。高脂血症、高血圧、糖尿病などは、入退院を繰り返すことが特徴です。生活の改善指導や回復に向けてのプラン作りも専門看護師の仕事です。そのほかにも、生活習慣病の予防が大切になってきます。