• 新着情報
  • 会社情報
  • サービス内容
    • 訪問看護ステーション事業
    • セルフメディケーション事業
    • 病院コンサルティング事業
  • 病院 医院 施設の方へ
  • 求人情報
  • 代表者ブログ
  • ナーソネル

訪問看護ステーション事業(Nアート訪問看護ステーション)

Nアート訪問看護ステーション

ご存知ですか。慢性的な疾患の治療には、
病院よりも自宅での治療が効果的であることを。

病気は健康の回復過程であると、ナイチンゲールは述べています。
病気は、機械の故障のように部品交換すれば済むものではありません。毎日の暮らしの中で治っていくのです。
癌・心臓疾患・肺炎・脳血管疾患は、日本人の死因のほとんどを占めています。いわゆる慢性的に生活習慣の中で作られているのです。
慢性的な疾患は、病院施設での治療よりも生活を中心とした在宅で治療する方がいいのです。
上記の疾患に加え、認知症や精神疾患、難病を抱えた方にも在宅医療が重要です。
そのような方々を訪問看護で支えさせて頂きます。

このような方はご相談ください。

退院することになったけれど、介護が必要になった。

初めてのことで困っている。

胃ろう、点滴、在宅酸素、吸引、人工呼吸器…

医療的なケアが必要になったけれど、自宅で介護できるか不安。

長く介護を続けているけれど、

これからも続けていけるのか不安。

最期の時は家に帰りたい、帰らせてあげたい。

医療的なケアが必要だけれど、家で一緒に暮らしたい。

看護サービス内容

  • 療養上のお世話
  • 身体の清拭、食事や排泄介指導
  • 排泄の援助
  • 療養環境の整備
  • 床ずれ防止の工夫や指導
  • 医師の指示による医療処置
  • 膀胱留置カテーテルの管理
  • 胃管の管理
  • 栄養管理
  • 床ずれの処置など
  • 病状の観察
  • 血圧・体温・脈拍などのチェック
  • 心の健康のチェック
  • ターミナルケア
  • がん末期や終末期のお手伝い
  • 認知症ケア
  • 事故防止ケア
  • 認知症介護の相談
  • 医療介護予防
  • 運動機能低下を防ぐ支援
  • 医療機関・保健所などの他機関との密な連携により、ご利用者様が快適な日常を営めるように支援してまいります。

サービスの流れ

  1. STEP1 ご相談受付

    日本看護サービスまでお問い合わせください。

  2. STEP2 主治医への相談

    訪問看護の導入には主治医の指示書が必要になりますので、主治医への相談をしていただきます。
    ※主治医・ケアマネージャーがお決まりでない場合は、当ステーションまでお問い合わせください。

  3. STP3 面談

    ご自宅や入院先の病院などで訪問看護師と面談をさせていただきます。
    訪問看護の内容についてご説明し、ご質問を伺います。ケアの目標やご利用回数、ご希望日時も設定します。

  4. STEP4 サービス開始

    訪問看護サービスの利用開始となります。症状を確認しながら病院などと連携し、ご利用者様の生活をサポートします。

ご利用料金

ご利用料金は、基本的に健康保険法または老人保健法および介護保険法に規定される、厚生労働大臣が定める額のお支払いとなります。

介護保険をご利用の場合

料金表 (基本単位×10.21円×1割負担)

サービス内容 個人負担額 備考
30分未満  482円/回
※セラピスト
PT(理学療法士)
OT(作業療法士)
ST(言語聴覚士)

※計画外の緊急訪問を行った場合は所要時間に応じた所定単位を算定。なお、特別管理加算の対象者については該当月のうち2回目以降には、早朝・夜間・深夜加算が加わります。
※ * については、区分支給限度基準額の算定対象外となります。
30分以上1時間未満  848円/回
1時間以上1時間30分まで 1,162円/回
セラピストによる訪問20分  323円/回
セラピストによる訪問40分  646円/回
セラピストによる訪問60分  870円/回
退院時共同指導加算  613円/回
初回加算  307円/回
早朝・夜間加算 基本単位の25%増
深夜加算 基本単位の50%増
緊急時訪問看護加算* 552円/月
特別管理加算(Ⅰ)*
特別管理加算(Ⅱ)*
 511円/月
256円/月
ターミナルケア加算* 2,042円/死亡月

※サービス提供時間 : 夜間 18時~22時 、 早朝 6時~8時 、 深夜 22時~6時

※利用者様負担額(1割)は、1回の訪問にかかる負担金額ですが、要介護度別居宅介護サービス支給限度額を超える場合、超過分は全額自己負担となります。

※緊急時訪問看護加算の契約をいただく方には、専用の電話番号をお知らせしますので、24時間電話連絡が可能です。状況に応じて夜間や早朝、休日の緊急訪問にも対応いたします。

要介護度 支給限度額 利用者の自己負担
 要支援1 49,700円(4,970単位) 利用金額の原則1割
※支給限度額を超えて利用した分は
全額自己負担
要支援2 104,000円(10,400単位)
要介護1 165,800円(16,580単位)
要介護2 194,800円(19,480単位)
要介護3 267,500円(26,750単位)
要介護4 306,000円(30,600単位)
要介護5 358,300円(35,830単位)

キャンセル料

利用者様からのサービス利用の中止については、前日の午後5時までにご連絡いただき、予定されたサービスを変更・中止することができます。キャンセル料は発生しません。

※前日の午後5時以降のキャンセルについては、利用者に2,000円のキャンセル料を負担していただくことになります。

※やむをえない事情による、当日のサービス変更・中止は、その都度ご相談させていただきます。

利用料金支払方法

毎月、10日前後に前月分の請求書をお渡しいたします。利用料は1ヶ月単位とし、当該月分の利用料を訪問時に集金させていただき、領収証を発行いたします。

医療保険をご利用の場合

指定訪問看護は、かかりつけ医が訪問看護の必要を認めた方に、かかりつけ医の交付した訪問看護指示書および訪問看護計画書に基づき、訪問看護を提供します。
介護保険の適用でない方、介護保険の要介護認定者でも末期悪性腫瘍および急性憎悪等時に訪問看護の提供を行います。

介護保険の要介護認定者に対する訪問看護療養費の給付

医師より急性憎悪により頻回の訪問看護を行う必要がある旨の特別訪問看護指示が出ている場合、1ヶ月につき、指示の日から14日を限度として、医療保険の訪問看護適用となります。

基本利用料

利用者様 個人負担額
義務教育就学前 2割
義務教育就学後~70歳 3割
70歳以上~75歳未満 一般の方 2割(注)
一定以上所得の方 3割
後期高齢者医療の対象者(<1>75歳以上の方または<2>65歳以上で広域連合から障害認定を受けた方) 一般の方 1割
一定以上所得の方 3割

(注)70歳以上~75歳未満で一般の方は、1割負担となります。

※医療保険の定める報酬に基づいて負担額の請求させていただきます。

※訪問時間は1回あたり90分以内とさせていただきます。

※訪問回数は、週3回を限度とさせていただきます(急性増悪時や厚生労働大臣の定める疾病等についてはこの限りではございません)。

キャンセル料

利用者様からのサービス利用の中止については、前日の午後5時までにご連絡いただき、予定されたサービスを変更・中止することができます。キャンセル料は発生しません。

※前日の午後5時以降のキャンセルについては、利用者に2,000円のキャンセル料を負担していただくことになります。

※やむをえない事情による、当日のサービス変更・中止は、その都度ご相談させていただきます。

利用料金支払方法

毎月、10日前後に前月分の請求書をお渡しいたします。利用料は1ヶ月単位とし、当該月分の利用料を訪問時に集金させていただき、領収証を発行いたします。

介護保険と医療保険を併用してご利用の場合

医療保健と介護保険を併用してのご利用も可能です。詳細は、お電話またはメールにてお問い合わせください。

サービス提供地区

滋賀県草津市、滋賀県大津市、滋賀県栗東市、滋賀県守山市(エリア外の方はお問い合わせください)

訪問看護ステーションをご検討の方は、
ぜひ一度お問い合わせください。

077-598-5426 月~金  9:00~16:45

インターネットお問い合わせ

ページトップへ戻る