月別アーカイブ: 2017年4月

2017年4月12日引退 記者会見

カテゴリ:新着情報

感動を与えてくれた、浅田真央さんが引退を表明されました。そのニュースは瞬く間に日本を流れました。そのニュースを聞きながら、感動は人の心に何を呼び起こすのかを考えていました。辞書には、美しい行為・話・芸術作品などを見たり聞いたりして、人間の理想に触れた感じがして、充足感を覚えることと記しています。いつの頃か、仏教の教えに「考える人」になるためには、感動を与えなければならないと聞いた覚えがあります。感動は人の心を動かす力がある。心が動くと憧れや理想など、普段使っていない脳の一部分に衝撃が走るのだと思います。セルフイメージが変化する時と似ているのかもしれません。スコトーマ(盲点)を外して自分を客観視すると、また違った自分が見えてきます。理想とする姿を追い求める人はきっと、他者を感動させるのではないかと思います。浅田真央さんは、日本のスケート界を自分の理想とするスケートを追い求められていたのだと思います。21年間のスケート人生お疲れ様でした。

Nアートくつき訪問看護ステーション届け出

カテゴリ:新着情報

本日、高島保健所(所在地の届け出先)に新管理者と役員の3名で、書類を提出しました。審査に合格すれば5月1日付けで開設できます。いよいよ、県内で最も過疎化が進んだ、人口の最も少ない地域で運営することになります。全国的にも採算が取れない二の足を踏む状況下ではあります。行政側も経営的な面を心配されましたが、世の中の為、そこに住まわれている方々の為にも健康で生活してもらえる様にお手伝いがしたい志高い看護師が管理者として着任してくれました。3名の子育て真っ最中のママです。私たちは、今の時代ではなく、3年先、5年先、いや20年先を見越して開設に踏み切りました。大きな決断だと思っています。しかし、それを支えてくれる、先輩看護師達が居る。彼女の思い、やりたい看護を応援する先輩たちが育ててくださると私は信じております。がんばれ、そして、楽しく。

2017年4月7日5月開設予定「Nアートくつき訪問看護ステーション」

カテゴリ:新着情報

5月より2つ目のステーションの開設が大詰めになってきました。ステーション名は、「Nアートくつき訪問看護ステーション」です。滋賀県高島市朽木で開設します。以前は、朽木村でしたが市町村合併により村が無くなってしまいました。人口密度極少数地域です。面積は広大で人口は最小地域の住民生活を守りたいと、若い看護師さんが立ち上がってくれました。このように若い方々が未来の日本を支えてくれると信じています。当社は、そのような方々を応援することも事業の1つです。ご自分の住んでいる地域でやってみたいと思われる方は、ご一報ください。

起業への道 その3

カテゴリ:新着情報

会社設立3年を過ぎようとしています。この先の目標やヴィジョンが少しずつ出来上がりつつあるように思います。一般的な書物ならヴィジョンは、起業する前にきっちり掲げておくべきものだと記述されています。

しかし、実際は計画通り、イメージ通りには事は進まないだろうと思っています。社会に貢献できる会社を設立すれば、最上級でしょう。あまりいい言葉ではありませんが、潜在する看護師、働きたいがいろいろな条件があり、能力があってもなかなか、職場の条件(労働条件)と会わない看護師が全国で70万人以上。そのうちに一人でも多くの看護師が働いてもらえる場を提供したいと願って設立した会社です。

How to ではなく、What to (for) 何の為にを合言葉に、人生やキャリアや仕事を考えることは大切だと考えています。みなさんと一緒に、次世代の看護を考えたいと願っています。アクティブに更新できませんがご意見ご感想などお寄せください。

お待ちしております。