月別アーカイブ: 2015年1月

2015年1月26日ヴィジョンとは何か?

カテゴリ:代表者ブログ, 新着情報

経営や企業や組織などの分野では、目にしない日はない。
当たり前のようにヴィジョンとは何か、ヴィジョンはあるのか、
ないのかと議論している。

どうでもいいことだとも思えるかもしれない。
ヴィジョンがなくても生きいける。

しかし、ゴールや終わりを描くことで見えてくるものもある。
人生にもヴィジョンが必要である。
NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」では、
自分の人生をどう生きるかが、
裏テーマに流れているように思います。

凧は向かい風の時にこそ、高くあがるものです。
人生の向かい風に向かってどう生きるか。
そのために人生のヴィジョンが必要なんだと。
ヴィジョンとは、めざすところの目標なのかもしれません。

2050年 百歳が45万人時代へ

カテゴリ:代表者ブログ, 新着情報

現在、65歳以上の方は、
3300万人で100歳以上の方は5万4千人おられます。
総務省の人口推計調査(平成14年)からのデータから推測し、
2050年には、100歳以上が46万人近くになる予測があります。
皆さん、信じられますか?

3年間で約1万人以上の100歳の方が増えているのです。
このまま、老人が増え続けることが問題なのでしょうか。
老人が増えて何が問題なのか?疾病に罹患しやすいから、
けがや転倒、痴呆になるからと、
マイナスなイメージが多いですね。

しかし、健康寿命と平均寿命の差を小さくなれば、
生き生きしている高齢者が多くなります。
健康で長生きがいいと言われますが、
健康は目的でもゴールでもない。
主体的に生きるための手段です。

健康とは、身体・精神・社会・魂が満たされいることではなく、
主体的に人生を生きているかが必要なのだと思います。
大病を患ったが今は、前向きになって生きている友人にお会いしました。
生き生きされていました。
何歳であっても死ぬまで主体的に生きることが大切なのだと思います。

2015年1月25日小児慢性特定疾患や難病指定の2015年1月から開始の上限額管理表の扱いについて

カテゴリ:新着情報, 訪問看護に関わるエトセトラ

小児慢性特定疾患や難病指定の2015年1月から開始の上限額管理表の扱いについて、忘れないうちにメモしておこうと思います。

2015年の1月より難病指定などの範囲が広がり、その分、自己負担額などが変わりました。当ステーションでも、今月末のご請求で影響が出てくるため、会議の中で議論して確認していましたが、不明な点も多かったのです。

色々調べていると、
看護―リハビリLABOを運営されている「やまだリハビリテーション研究所さん」が、
分かりやすい記事掲載されているので、リンクをはらせて頂きます。

・上限額管理表の扱いについて

・上限額管理表の運営での問題点?

都道府県や自治体によっては異なる可能性もあるため、
請求書を作成する前に、事前に都道府県へ確認するほうが良いと思われます。

 

 

2015年1月24日[Q&A] 臨床経験が1年しかないですが訪問看護に転職するのは難しいでしょうか

カテゴリ:新着情報, 求人情報, 訪問看護に関わるエトセトラ

患っている利用者に寄り添う気持ちさえあれば、しっかりと活躍できる場所です。

実際に、当社のステーションでも臨床経験が少ない方でも、訪問看護の世界に飛び込んで頂いています。訪問看護で最も大切なのは、利用者さんをしっかりと自立した一人として、ご家族も含めてその人生に寄り添う姿勢だと思います。そして、自分自身で考える力をもっていれば十分です。長年の指示待ち業務しかしていない方は、なかなか気持ちの切り替えが難しいですが、やる気で何とかなります。

世の中では、求人の応募条件では臨床経験を2年から3年以上とする訪問看護ステーションも多くあると思いますが、教育体制がしっかりしている事業所では、プログラムも用意されています。当ステーションでは、大学や専門学校で教員歴のある人もおりますので、安心してお任せください。まずは3ヶ月ほどはOJT研修を含めて、ゆっくりと業務をして頂きます。先輩の同行指導のもと訪問を通じて覚えていけばよいのです。

半年ほどで十分一人前になるプログラムを作り、あなたを歓迎いたします。自分の仕事は自ら管理して、利用者さんの最初からずっと担当します。たまに都合の悪いはチームでフォローする体制を組んでいるので、どんな時でも大丈夫です。自分の給料は自分で稼ぐことになります。誰がいくら給料をもらっているのか、当ステーションでは全てを公開しますので、良い刺激を受けながら成長してください。

2015年1月22日主体的に生きるとは?

カテゴリ:代表者ブログ, 新着情報

よく生きることは、よりよく死ぬこと。よく聞く言葉になりました。誰が最初に述べたかは知りませんが、精一杯生きれば、死ぬ時が来れば平気で死ねることが悟りだと、福井県永平寺、故宮崎奕保禅師の御言葉。平気で生きられることが悟りであると。主体的に平気で生きたいものです。主体的に生きるとは、自分の人生に責任を持つことだと思います。責任を持つことは、7つの習慣の著者であるスティーブン・R・コヴィー氏は、第1の習慣で「主体性の本質は、自分自身や人との約束と約束に対する誠実さである」と言っています。これからの時代、嘘に振り回されず、開心見誠で精一杯生き続けたいものです。

2015年1月14日居宅介護支援事業所さんへ挨拶回り開始しました

カテゴリ:新着情報

今日は、9月からスタートし、
運営も落ち着いてきて経営管理システムも動きはじめましたので、
居宅介護支援事業所(ケアマネさん)への挨拶回りを開始しました。

スタッフにとっては、挨拶回りをするのが初めてなので、
OJTということで3人で、徒歩3分ほどのマザーレイクさんへ挨拶させて頂きました。

IMG_0434

年末に挨拶状だけ送付させて頂いていたので、
気になっていたと、嬉しいお言葉を頂き、事業所内も少し見学させて頂きました。

通所介護(デイサービス)も併設されているので、
地域連携が進めばいいなと考えています。

名刺とリーフレット、重要事項説明書(介護と医療)を封筒に入れて、
情報交換するだけで、同じ志を持つ同士、色々仲良くなれるはずです。

今後とも宜しくお願い致します。

 

2015年1月6日ナース情報交換会(お正月バージョン)

カテゴリ:新着情報

今日は事務所で月初の医療保険・介護保険の請求事務です。
年初で皆で集まる最初の日なので、昼飯に雑煮を作って頂きました。

揚げ餅に大根おろし入れたみぞれ雑煮です。
初めて食べましたが、とても美味しかったです。
カブの漬物と滋賀名物の鮒寿司もプラスで頂きました。

Nアートでは、たまにこのような集まりを開いて、
ついでに少し知識の共有、現状の情報交換したりしています。

1620728_748338418577499_443235403826774974_n

10397986_748338415244166_4272858265339554419_n

 

今年も新たなたくさんのスタッフが入る予定です。
皆さんとともに地域連携を主とした情報交換営業を行いたいと思います。
宜しくお願いいたします。