• 新着情報
  • 会社情報
  • サービス内容
    • 訪問看護ステーション事業
    • セルフメディケーション事業
    • 病院コンサルティング事業
  • 病院 医院 施設の方へ
  • 求人情報
  • 担当者ブログ
  • ナーソネル

新着情報

代表者ブログ, 新着情報

2014年10月10日世の中には、見えないものものにも価値がある。

カテゴリ:代表者ブログ, 新着情報

見えているモノがすべてではない。見ているが見えていないモノもある。ピンチをチャンスに生かして、新しい発見に漕ぎ着けた天野先生(ノーベル物理学賞)の逸話にある。そして、赤崎先生(同賞)は、急がす、焦らず、自分のやりたい研究なのか自問して進む。流行りの研究に飛びつくなと若い研究者にアドバイスされていました。中村先生(同賞)は、名もない大学に名もない中小企業出身の私でも努力を積み重ね諦めなければ必ずや成功すると。成功を収めるまですれば、失敗なないと。どの先生方も成し遂げた後には、伝わる名言です。しかし、その途中にいる者には、辛くてくじけそうになった時、先生がたの言葉を思い出しながら、地道に一歩、また一歩と歩むしかないのかと。見えているものがすべてではない。見えていないモノに真実が隠されているかもしれないと信じながら。暗黙知を形式知へ。マイケルポランニーは、すばらしい名言を残された。

2014年10月7日ベテランナースのスーパーコミュニケーション

カテゴリ:代表者ブログ, 新着情報

コミュニケーションが上手い、下手など、もっと上手くコミュニケーションができたらと悩む方も多い。私もそのうちの一人である。好きなことを話しているのは楽である。言いたいことを言っているのは、コミュニケーションではない。マネジメントの父、ピーター・F・ドラッカーは、相手の関心事に耳を傾けることであると述べている。ある事例を紹介します。教員時代、学生の受け持ち患者さんが階段から落ちて頚部骨折で入院した。手術が近づくにつれて、不安と不眠を訴えるようになった。しかし、なかなか解消されずにいた。ある時、ふとした会話から一人暮らしであった患者には、ペットの犬(ポチ)が居ることがわかった。どうやらそのペットの事が気になっていたのである。すぐに、民生員と保健所に連絡し無事確保したことを伝えたら、その後は一切の不安や不眠は無くなり、無事手術を終えた。その人にとって大切なこと、気がかりなことに耳を傾けることこそ、コミュニケーションの神髄がある。先日、訪問看護契約に同行させてもらった。利用者はもちろんのこと、家族への関わりには、相手の関心事に焦点が置かれながら会話がなされていた。「辛い時には、しんどいと、えらい。と言っていいんやでと、何も我慢することはないの。あなたの家でわがまま言ってくださいね」と、背中を撫で下ろしながら、やさしくごく自然に話しかけている姿は、まさにその姿は、相手の関心事に集中された、スーパーコミュニケーションが実践されていると確信した一場面であった。

 

レセプト請求

カテゴリ:代表者ブログ, 新着情報

本日、初のレセプト請求を行った。レセプトは、見方を変えれば、利用者とのケアの証である。なるべく、利用者の経済的な負担を軽減しながら、最大のケアを提供できるように考える。
最近はコンピューターで実施入力を行えば、半自動的に印刷まで行ってくれる。しかし、何をどれだけ請求できるのかまでコンピューターは、教えてくれない。あくまでも、入力した項目の重複や不備、単価計算までである。正しく請求できているかを判断するのは人である。
近年、知能ロボットが開発され、人間の感情を読み取りながら、表情や言葉を選択して発することができる時代になった。そして、その学習方法は、ネット上で他のロボットが学習した感情もインプットされるそうである。人よりもロボットの方が感情豊かになる時代が来るかもしれない。しかし、そのロボットが表現した事柄を確認し、判断し分析するのは、最後は人である。医療請求もロボットが行える時代なった時、そのロボットが算定する請求には、ケアとは別の感情が入っているのだろう。

2014年9月28日セルフメディケーションとは

カテゴリ:代表者ブログ, 新着情報

セルフケアやセルフコントロール、セルフイメージなど外来語が飛び交う。セルフメディケーションも近年の流行語のように使われている。WHO(世界保健機構)では、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義している。両親から生を受けて、肉体的にも自律し、一人の社会人として自立する。自ずと生きる力が備わっていく。セルフとは、自我、自己や自身の他に、「そのもの」という意味もある。自分自身そのものを自分で治療しなさいと、病気に対する自立を示しているのではないでしょうか。任せる医療から自立する治療の時代が到来しているのだと思います。

起業への道 4話

カテゴリ:代表者ブログ, 新着情報

突き動かされている理由、笑美ちゃんとの出会い。平成13年頃は、大学病院では医療安全、リスクマネジメントの萌芽期とも言われた時です。その当時、生涯忘れられない医療事故を聞くことになった。私は、今でもきっと一生忘れないだろう名前です。この事故の内容をお話しすることは、このブログでは割愛させてもらいますが、看護師として、何が社会に貢献できるかを考える切っ掛けを与えてく頂きました。ドラッカーの有名な言葉、翻訳された上田惇生先生が「マネージャーは、真摯さがなければならない」すべての人に共通する言葉であり、倫理観や哲学であると、私は思っています。笑美ちゃんから頂いた、思いに恥じないように。

 

2014年9月27日起業への道 3話

カテゴリ:代表者ブログ, 新着情報

人と人との繋がりは、意識しながら関わらないと出来なものと、なんとなく繋がっていくことの2通りがあるような気がします。
カオス、フラクタル、輪廻転生、宇宙と地球、その繋がりや死後の世界、臨死体験などは、常に興味あるテーマ。この世に生を受けた者には、各人にその使命がある。スポーツで頑張る人、音楽や美術など芸術に長ける人、文学や科学や研究に没頭する人、一つの仕事に生涯を費やす人や平凡にも精いっぱい人生を生き抜く人々が大多数である。アイデンティティという自分とは何か、生きるとは、哲学的な問い続けることに執念を燃やす方もおられると思います。どんな生き方いいとか、悪いなど評価すること自体がタブーである。ただ生きながら、人と人の繋がりヒューマンネットワークで生かされているのだと感じる。起業への道は、そんな力が背中を押しているのだと思う。

2014年9月14日起業への道 2話

カテゴリ:代表者ブログ, 新着情報

宇宙と人類、哲学と宗教、生と死などは、すぐに答えが見つかるものではない。しかし、ふとした時に出てくる言葉である。私は、沢山の方と出逢った。果たして、生まれてから死ぬまでに何人の方と出逢うのだろうか?

役割や仕事や環境によっても違うだろうし、挨拶程度の方もいれば、家族のように、長く付き合うこともある。果たして、そんな研究をされている方はいるのだろうかと調べてみると、いくつかの文献が見つかりました。

生涯で出逢える人は、一般的な方で5万~25万結構な差があります。総理大臣や大企業の社長さんならどれくらいの数になるのだろうか?しかし、人類のすべての人と出会うことは不可能である。では、逆説的には、 知り合えた方は、偶然なのか必然なのか。人との繋がりが大切な理由が数値的にも意味しているのだと思える。

ヒューマンネットワークが出会いの場を広げる。広げたくない方もおられると思います。いろんな方が存在していていい。人と人を繋げる、繋がる、知り合えるそんな会社作りがベース。

2014年9月13日起業への道 1話

カテゴリ:代表者ブログ, 新着情報

看護師として、看護教員として、管理者としてそれぞれの立場での役割を果たしてきた。半世紀を生きてきて、ふと立ち止まり周りを見渡してみると、これらからのこと、自分がこの世に存在していない先の時間が気になってきた。

なぜか?それは、何か与えられた使命が各人にはあって、私には何かの役割があるのではないか。そう考えながら10年間が過ぎた。

そして、今、新たに動かしてみたい自分の時間を綴ってみたい。

ページトップへ戻る