[Q&A] 臨床経験が1年しかないですが訪問看護に転職するのは難しいでしょうか

患っている利用者に寄り添う気持ちさえあれば、しっかりと活躍できる場所です。

実際に、当社のステーションでも臨床経験が少ない方でも、訪問看護の世界に飛び込んで頂いています。訪問看護で最も大切なのは、利用者さんをしっかりと自立した一人として、ご家族も含めてその人生に寄り添う姿勢だと思います。そして、自分自身で考える力をもっていれば十分です。長年の指示待ち業務しかしていない方は、なかなか気持ちの切り替えが難しいですが、やる気で何とかなります。

世の中では、求人の応募条件では臨床経験を2年から3年以上とする訪問看護ステーションも多くあると思いますが、教育体制がしっかりしている事業所では、プログラムも用意されています。当ステーションでは、大学や専門学校で教員歴のある人もおりますので、安心してお任せください。まずは3ヶ月ほどはOJT研修を含めて、ゆっくりと業務をして頂きます。先輩の同行指導のもと訪問を通じて覚えていけばよいのです。

半年ほどで十分一人前になるプログラムを作り、あなたを歓迎いたします。自分の仕事は自ら管理して、利用者さんの最初からずっと担当します。たまに都合の悪いはチームでフォローする体制を組んでいるので、どんな時でも大丈夫です。自分の給料は自分で稼ぐことになります。誰がいくら給料をもらっているのか、当ステーションでは全てを公開しますので、良い刺激を受けながら成長してください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です